Kosuna's Bookshelf

読んだ本のメモとちょっとした感想。当方腐女子ですのでそういった発言を含みます

『オフシーズン』ジャック・ケッチャム

あらすじ:都会に住む編集者の女性・カーラは自身の彼氏、自身の元彼とその今カノ、妹とその彼氏の計6人で避暑地にある別荘へやってきた。カップル3組ということもあり夜は各々ベッドで楽しもうとするが、その最中に突然大人数の襲撃を受ける。なんとそれは洞窟に昔から隠れ住む残虐な食人族たちで……

 

 

 

ケッチャムは『隣の家の少女』が個人的にいろんな意味で衝撃だったので読んでみましたが、あっちが陰鬱でじわじわとくるエグさなのに対してこれはスカッとするスプラッタ映画系のグロって感じです。まあオチはかなり胸糞なんですけど……

 

ネタバレしてしまうと、カーラの妹とカーラにまだ未練を残していた元彼だけが生き残って最後まで戦うんですよね。そして異変を知った警察が彼らのいる食人族の洞窟まで辿り着くんですが、洞窟に行く途中で逃げ出した食人族たちと鉢合わせしてしまって、そこで警察の数人が食われてしまう。気が動転した警察はやっとのことで洞窟の入り口に着き、そこでボロボロになった元彼と遭遇する。元彼が助かったと思って駆け寄ろうとした瞬間、先ほどの出来事でパニック状態の警察は元彼を食人族の一味だと誤解して撃ち殺してしまう……

未練を残した元恋人を残虐極まりない方法で殺され、ひどい状態の遺体を見せつけられ、せめて攫われた元恋人の妹だけでも助けようと単身洞窟に乗り込んだ末のこの仕打ち。ここに至るまでの彼の奮闘をずっと追ってきてるのでなんかもうすごいの一言です。救いもクソもあったもんじゃねえ。結果的に生き残るのは妹ひとりというわけです。

 

でも個人的にそこまでキツいとは感じなかったかな……隣の家の少女の方が圧倒的に残虐描写は少ないのに精神的にキツかった……

前書きを途中まで読んでたらなんかネタバレが出てきそうな雰囲気になったので読み飛ばしたんですけど、どうやら正解だったみたいです。前書きにネタバレ入れるってどんな精神構造してんだよ!

 

ケッチャムのあとがきはめちゃくちゃ面白かった。「本当はもっとグロくしたかったのに編集者に止められた」「もっと救いのない展開にしたかった」「ハッピーエンドなんてクソ食らえ」的なことを延々と愚痴っててかわいいよ。