Kosuna's Bookshelf

読んだ本のメモとちょっとした感想。当方腐女子ですのでそういった発言を含みます

『夜よ鼠たちのために』連城三紀彦

 

 

あらすじ:ある夜、画家の真木祐介のもとに新宿のホテルで妻の死体が発見されたとの報せが入る。しかし真木は先ほど自分の手で妻を殺し庭に埋めたばかりだった。(『二つの顔』)

 

仕事を辞め田舎に帰った若い刑事からかつての上司・岩さんに手紙が届けられる。それには退職を決意するきっかけとなったとある誘拐事件の真相について綴られていた。(『過去からの声』)

 

アパートの管理人であるサワは、父と2人暮らしをする車椅子の少女・千鶴が意識を失っているのを目撃する。どうやら首を絞められたらしいが千鶴は犯人について頑なに喋ろうとせず……(『化石の鍵』)

 

興信所に勤める男・品田は土屋という依頼人から妻・沙矢子の浮気調査を依頼される。尾行調査を続けるうち沙矢子に存在がばれ、「夫に嘘の報告をしつつ向こうの浮気を調べてほしい」とお願いされるが……(『奇妙な依頼』)

 

現院長&次期院長を約束された身である横住と石津が殺される。何者かに脅しを受けていた形跡があることから、医療ミスによる怨恨殺人ではないかと疑われるが……(『夜よ鼠たちのために』)

 

クラブに勤める牧子、業績のために中年女性と寝る銀行員・鉄男、莫大な財産を持つ修平、修平と共に豪邸で暮らす静子。4人の思いが交錯する中、牧子は鉄男にとある殺人計画を持ちかける。(『二重生活』)

 

今をときめく人気俳優・支倉は妻・撩子のために自分とそっくりな顔を持つ男を探していた。やっと条件にぴったりな人物を見つけるが、その男を雇ってから次第に支倉の周りがおかしくなっていき……(『代役』)

 

無実の罪で6年間収監されていた主人公は、かつて自分を陥れた恋人・恭子と舎弟・征二を殺そうといきり立つ。しかし事件にはまだ隠された事実があった。(『ベイ・シティに死す』)

 

落ちこぼれ高校の新米教師である麻沙は、不良たちからマザーと呼ばれ慕われていた。ある日、素行不良で退学となった不良グループから「大変なことになった」と電話がかかってくる。(『ひらかれた闇』)

 

 

 

 

 

 

 

 

面白かったー!短編集なのにひとつ読み終わるたびに長編ミステリを読破したときのような達成感に襲われました。

 

奇妙な依頼と代役が好きです。特に代役。足癖が主人公のものだったという一文にぞわっとした。

ていうか入れ替わりネタ多いな?叙述にしても反則アウトな描写が多かった気がします。もうちょっと「騙された!」っていう爽快感が欲しかった。

ひらかれた闇が人気ないみたいだけど青春ミステリっぽくて私はわりと好き。マザーかわいい。