Kosuna's Bookshelf

読んだ本のメモとちょっとした感想。当方腐女子ですのでそういった発言を含みます

『仄暗い水の底から』鈴木光司

 

 

あらすじ:幼い娘・郁子と2人でマンションに引っ越してきた淑美。ある日屋上で真新しいキティちゃんのバッグを見つけるのだが……(『浮遊する水』)

 

教師の謙介は恩師・佐々木に誘われて第六台場の調査に向かう。そこはかつて謙介の親友・敏弘が恋人を捨ててきたと自慢していた場所でもあった。(『孤島』)

 

マグロ漁船に乗る和男は海上で無人のクルーザーを発見する。乗組員を代表してクルーザーに乗り込んだ和男だが、不審な航海日記を発見し……(『漂流船』)

 

気性の荒い漁師・裕之は行方不明になった妻・奈々子の死体を自身の漁船のいけすの中から発見する。自分が殺したことを思い出し、海上でどうにか隠蔽しようとするが……(『穴ぐら』)

 

牛島はヨットの上でセールスマン夫妻のしつこい勧誘を受けていた。陸が近づいてきてほっとしたのもつかの間、ヨットが何かに引っかかり停止してしまう。(『夢の島クルーズ』)

 

劇団『海臨丸』の舞台稽古中、上の階から水が滴り落ちてきた。音響係・神谷は監督の指示で上階の女子トイレを確認しに向かうのだが……(『ウォーター・カラー』)

 

探検を趣味とする杉山は友人・榊原と共に未知の鍾乳洞を発見する。ところが不慮の事故により榊原が死亡、通ってきた道は榊原の巨体と岩により塞がれてしまい……(『海に沈む森』)

 

 

 

 

 

初めて読むはずなんですがなぜか夢の島クルーズだけデジャヴを感じました。これだけどこかで読んだことあるのかな?

 

個人的には漂流船が好きです。こういう直接的には描写しないものの容易にバッドエンドが想像できる終わり方大好き。

『浮遊する水』も幽霊抜きでぞっとする真相で良かったです……