読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こすなの本棚

読んだ本のメモとちょっとした感想

『ディリュージョン社の提供でお送りします』はやみねかおる

 

 

あらすじ:登場人物になりきり、物語の世界をリアルに体験することができる『メタブック』。本を一切読まない森永美月は、ひょんなことからその『メタブック』を提供するディリュージョン社に就職してしまった。

今回の依頼人・佐々木のオーダーは「不可能犯罪のミステリ小説」。新人である森永は天才シナリオライター・手塚と共に舞台を整えるが、予定にない犯罪予告や殺人未遂事件が相次いで起きてしまう。

メタブック内に本物の殺人鬼が紛れ込んでいる……?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はやみね先生の新シリーズ!わーい!

 

ミステリあるあるがふんだんに織り込まれていて推理小説オタクとしては非常に面白かったです。名探偵の掟みたいな。ちょうどこの前「まだらの紐」を読んだばかりなのでなんだか嬉しくなりました。

私のような活字中毒からしたら美月ちゃんが異常者すぎる……

 

森永美月といえばマチトムですが、結局彼女は何者なんでしょうか……?もしや未来の内人の娘……??めちゃくちゃ気になるから早く2巻読みたい。

マチトム読者なら思わずにやけてしまうくらい美月ちゃんが内人でした。内人もいずれ就活で苦しむんだろうな。

 

 

ひらがな名義なのに人が死ぬの!?とハラハラしてましたが杞憂でしたね。

個人的には美月が真相に辿り着くのがちょっと唐突かな?って思いましたが、それを差し引いても十分面白かったです。

はやみね先生本当に好きです〜……