Kosuna's Bookshelf

読んだ本のメモとちょっとした感想。当方腐女子ですのでそういった発言を含みます

『占星術殺人事件』島田荘司

 

 

 

あらすじ:6人の処女からそれぞれの星座にちなんだ身体のパーツを切り取り、それを組み合わせることで『アゾート』を作るーー

殺された梅沢平吉の手記にはそんなおぞましい計画が書かれており、実際に平吉の娘たちが身体を切り取られた死体となって日本各地から発見されてしまう。

アゾートはどこにあるのか?平吉と娘たちを殺したのは誰なのか?日本中のミステリーマニアが持論を展開するも、事件は結局迷宮入りとなった。

それから40年後、占星術師である御手洗潔はとある依頼をきっかけにこの事件に興味を持ち、唯一の友人である石岡と共に調査を開始する。

 

 

 

 

 

 

島田荘司に初めて手を出しました。

推理マニアなら絶対に読むべきだと言われているこの本。なぜか今日まで手つかずだったので今更ですが読みました。いやはや凄かった……

金田一でネタバレしてるらしいですが私は全く読んだことがないのでただただ感嘆。トリックを聞いてもしばらく理解できずに図表と睨めっこしてました。この衝撃を真っさらな状態で味わえたのは幸運だった……

読者への挑戦は5秒でホールドアップ。私に分かるわけがない。

 

 

冒頭の手記に出てくるマニアックな用語といい緯度経度のくだりといい取っつきにくい文章が多いんですが、がんばって読み進めた価値はありました。前半は安楽椅子探偵状態なので説明ばかりでちょっとだれるかもですね。

でも平吉の手記の人物名と実際の名前を変える必要はあったのかな?ただややこしくなっただけのような。

 

時子の手記がなんとも悲しかった。決して恵まれていたとは言えないお母さんの名前が『多恵』なのが皮肉ですね。

時子の処女喪失の相手には触れてませんよね?誰だったんだろうか……職場の人とか?

 

あと御手洗がかわいい。

『要するに今考えると、御手洗は私に就職なんてくだらないと言いたかったらしい。性格がひねくれているから、君があまり僕のところへ来れなくなると淋しいから就職はやめて欲しいと素直に言えないのだ。』

 

「パンと……牛乳……食べる……以外に……どうするんだ?」

 

 

かわいい。

 

 

総括としては本当〜〜〜に面白かった。最近は叙述ばっか読んでましたがトリックで勝負する本格推理はやっぱり良いですね。文章が少々重いですが御手洗と石岡の掛け合いが軽快で上手い具合に中和されてた気が。

御手洗シリーズはこれから読んでいこうと思います。